治療内容

治療内容

 

網膜剥離・網膜硝子体手術(網膜剥離・糖尿病網膜症・硝子体出血・黄斑上膜・網膜中心静脈閉塞症)
最新の硝子体手術装置を使用し、27G極小切開硝子体手術を行っています。当院では、日帰り(一日入院日帰り)手術で行っています。

 

緑内障手術

薬物療法やレーザー治療が功を奏さなかった場合に行われる治療です。

 

白内障手術

点眼麻酔にて、切開創1.8~2.0ミリと極小切開白内障手術を行います。患者さまの眼の状態にあわせ、乱視矯正眼内レンズや多焦点眼内レンズも使用しています。

 

まぶたの手術(霰粒腫・麦粒種・眼瞼下垂・内反症)

健全な眼表面を保つために、眼科医の視点からまぶたの治療します。

 

涙道内視鏡検査・手術(鼻涙管閉鎖症)

涙道内視鏡装置を使用し、涙の通り道の検査・手術を行います。

 

ルセンティス・アイリーア硝子体内注射(加齢黄斑変性)

抗血管新生薬(ルセンティス・アイリーア)は、脈絡膜新生血管の成長を活性化させる体の中のVEGF(血管内皮増殖因子)という物質の働きを抑える薬です。
眼の中に注射することで、加齢黄斑変性の原因である新生血管の増殖や成長を抑えることが可能な治療です。

 

ボトックス注射(眼瞼けいれん・片側顔面けいれん)

眼の周囲または顔面の筋肉が異常に緊張して起こる病気に対しての治療です。少量のボトックス(ボツリヌス菌がつくり出すA型ボツリヌクス毒素を有効成分とする薬)を緊張している筋肉に直接注射すると、その筋肉がゆるみ、緊張やけいれんが一定期間おさまります。

 

コンタクト検査

コンタクトレンズの処方箋発行、定期検査を行っております。

 

 

※当院では、硝子体/緑内障/白内障手術を日帰り(1日入院日帰り)で行っております。